スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







信用取引では常に追証に注意する



追証(おいしょう)とは、信用取引で相場が下落することによって、
担保不足」になることがあります。



この担保不足とは、建玉(たてぎょく)に対する委託保証金額の
比率が委託保証金維持率という基準を下回る状態を指します。



今現在インターネット専業の証券会社の多くは、委託保証金率
が30%なら委託保証金維持率は25%といった形で委託保証
金維持率を委託保証金率よりも少し低めに設定しています。



例えば、委託保証金を100万円証券会社に差し入れたと仮定し
ます。もし委託保証金率が30%に設定されているのであれば、
新規で約300万円程度の取引が可能となります。



こうした状況下で1万円の株を300株信用買いをした場合には、
取引額は300万円となります。



委託保証金維持率が25%ですので、建玉を持ち続けるため
には委託保証金が75万円以上必要となります。



その後も、株価が9000円に下がると含み損は30万円となり、
この含み損は委託保証金から引かれます。



こうしたことから、この時点で実質的な委託保証金は70万円
となりますので、取引額300万円の建玉を維持する上で必要
な委託保証金額の75万円を下回ることとなります。



これは担保不足の状態をさし、担保不足の状態で建玉を持ち
続ることはできませんので、当然のことながら追加で証拠金
を差し入れなければなりません。



信用取引では、これを追い証といいます。差し入れる最低額は
取引される証券会社によってことなります。



上述した例ですと、委託保証金額の75万円なので不足の5万
円を差し入れればよいのでは?と思われるかもしれませんが、
残念ながらそういうわけにはいきません。



委託保証金の30%を回復するまでという基準が設定されている
のであれば、取引額300万円に対する30%=90万円になるまで
の額となるので、最低必要な追加投入額は20万円となります。



期限までに追い証を証券会社に差し入れない場合には、建玉は
強制的に処分され、損失分が委託保証金から差し引かれます。



また、追い証を差し入れれば建玉を持ち続けることができますが、
含み損が膨らみますと何度も追い証を差し入れることになります。



こうしたことにならないように、予め売買ルールを設定し、取引額
や損益の管理をすることが重要です。





株式投資を検討する前に必ず各機関からの正式な
開示情報をご確認ください。誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんので予めご了承下さい。

株取引が分かる株式投資入門トップへ







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 信用取引

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。