スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







信用取引の空売りの仕組と実践方法



株式投資において空売りを行なうことにより得られる効用として
資金を温存することができます。



相場にて多くの投資家が損失を出すこととなる原因のひとつとし
て資金の投入するタイミングとそのやり方の誤りがあげられます。



通常、一般の投資家のかたが相場にうまく入り利益をあげること
ができると、その勢いを拡大させるために増えた資金を別の銘柄
に投入し、次々と資金を拡大させます。



相場はいつまでも、思ったとおりに動いてくれるわけではないの
で、相場が天井を迎えたころには、すっかり確定していない利益
が頭の中で拡大しているので、冷静さを失っています。



しかし、天井をつけたあと大きく調整する場面が訪れると、それ
ぞれの銘柄が暴落し、これまで順調に増やすことができた資金
を一気に失うことも十分にありえます。



しかし、空売りを行なっていると天井圏では買うよりも売る方が、
リスクも少なく投資効率がよいことがわかります。



こうしたことから、必然的に天井圏にある銘柄をで目一杯買う
ことが極端な話しなくなります。



天井前で売り、その後の下げで儲けることで資金を温存しながら、
次の上昇相場に乗ることが比較的容易にできるようになります。





株式投資を検討する前に必ず各機関からの正式な
開示情報をご確認ください。誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんので予めご了承下さい。

株取引が分かる株式投資入門トップへ







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 相場 空売り

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。