スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株式投資での損切りの重要性について


残念ながら株式市場は思ったようには動いてくれません。もし、自分の買った株が思惑と反対
に値下がりした場合には、どのように株式投資を行えばよいのでしょうか?



その時は、自分の判断が間違っていたと素直に認めて損切りします。値下がりする株を持ち
続けたり、ナンピンで買い下がるという方法もあるのですが、相場の流れに逆らって建て玉
を持ったり、売買するのは、よい結果につながらないことが多いのです。



また、こうした投資戦術は、投資暦ウン十年の相場のつわものでさえ中々うまくいきません。
それを株式投資を始めたばかりの方が行なうのは火に油をそそぐようなものです。



ですので、難平買いは、お勧めできません。しかし、そうはいっても人間は自分の失敗を認め
たくないものです。自分の失敗を認めることは、自分の否定につながることなので、失敗を認
めたくないといった思いが心の中で必然的に生まれます。



「自分は正しい、その内、自分の予想通りになる」と考えて粘るほど深みにはまっていきます。
ですので、まずしっかりと損切りができるようになることが重要です。



特に、今現在のように世界の金融システムが崩壊したことによって市場そのものが混乱して
いるときは尚更です。大きく下げた後に割安感から買戻しの動きが広がります。



政府筋による公的資金が注入されると一時的なバブルが発生しますので、実態経済が回復
していないにもかかわらず、大きく上昇した場合はミニバブルが起こっていると判断します。



いつバブルがはじけるか分からないわけですから、いつでもポジションを閉じる準備だけは
必ずする必要があります。そうするこことによって、混乱した相場状況でも損失を抑えなが
ら株式投資で利益を手にすることができます。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。