スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







東証へ鞍替えする銘柄の取引ポイント



東証マザーズや大証ヘラクレス、ジャスダックなどの新興市場が誕生したことによって、日本国内
でも株式市場へ上場することに対する敷居がかなり下がることになりました。

40代・超多忙サラリーマンが株投資で勝つ、ただ一つの方法



新興市場が誕生した背景にはバブル経済が崩壊した日本経済を活性化するためですが、ヤフーや楽天
などの次世代の日本経済を担う企業が続々と誕生することになりました。


しかし、ここ最近では大きく低迷しています。新興市場に投資が集まらないことに嫌気して東証一部、
二部に鞍替えを試みる企業がここ数年で急増することになりました。


鞍替えした後には、TOPIXなどの指数が影響するので積極的に買われる傾向が強いです。


ですので、鞍替えを発表する銘柄を狙って取引するのも一つの手です。


しかし、注意しなければならない点がいくつかあります。例えば企業の事業規模です。事業面だけ
でなく売上げの規模が極端に小さい企業が無理をして東証二部に鞍替えしたケースは注意です。

臆病者のための株入門



こうしたケースは、大きく買われる可能性は低いです。


単なる経営者の見栄によって、鞍替えする場合も少なからずあるのですが、無理に鞍替えしてした
がために、資金難にあえぎ、鞍替えしたあとに公募増資を発表する場合もあります。


こうした場合は、発表と同時に投資家から嫌気されるので大きく売られます。


ですので、身分相応かどうかしっかりと見極める必要があります。


また、鞍替え前の審査も厳しいですが、鞍替え後した後にも色々とチェックが厳しく入りますので、
ビックカメラのように決算の内容を指摘され、大問題になる場合もあります。


こういった場合も大きく売られますので注意が必要です。

「株式投資は儲からない」は本当か?








テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。