スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







一目均衡表を使って分析する方法




東急建設(株) (東証1部:1720)

final420.png


<一目均衡表のポイント>


●転換線が基準線より上にあるときが「買い場」となります。


●転換線が基準線より下にあるときが「売り場」となります。


●基準線がチャート上、右上に向かっている状態がより強い買いシグナルとなります。


●基準線が右下を向いた状態が弱い買いシグナルと考えることができます。


●転換線が基準線を下から上に突き抜けたら相場の転換を表し、「買い」と判断します。


●転換線が基準線を上から下に突き抜けたら相場の転換を表し、「売り」と判断します。


●抵抗帯(雲)の上にローソク足があるときは「買い」、下にあるときは「売り」と判断します。



上述したとおり、一目均衡表を用いることによって、バランスよく銘柄の株価の状態を測ることが
できます。また、他のテクニカル指標と比較してもダマシが少ないのも人気の秘密です。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 一目均衡表 銘柄

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。