スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







4月の株式相場の特徴


基本的に株価の動きは1月と似ております。


この時期、企業の多くが新年度を迎えるので、精神状態が1月の年明けと
同じよう新鮮な気持ちで迎える事が出来るからだと思います。


陽線率は1月の次に高いです。主な要因としては、2月中頃から3月終わり
にかけて、決算対策で売られた株を再び買い戻すケースが多いからなので
すが、近年、持ち合い解消の加速化により、必ずしも売った株が全て買い
戻されるとは限らなくなりました。


売ったら売りっぱなしというなげやりなケースも見受けられます。


しかし、だからといって企業が株式の世界そのものから手を引いてしまう
ことはけっしてありません。


運用担当者が新たな銘柄の選択を始めたり、証券会社からの売り込みも活発
に行われるので、こうして市場は再び盛り上がってくるのです。


また4月という月は、個人投資家の心理にプラスの影響を与える月です。


といいますのも、春本番を迎え、世の中全体がなんとなく明るい気分になる
人が圧倒的に多いからだと思います。


なので、心のゆとりが生まれる事から、その先にあるゴールデンウイークを
控え、その前に稼ぎたいと思う人は少なくないはずです。


こうした心理をとらえ各証券会社も営業姿勢を強める時期なので、余計に
資金が集まりやすい月となります。


この時期に入りましたら、3ヶ月程かけて銘柄をしっかりと選び投資プラン
を、ねりあげるのよいかと思います。




<主な経済指標の発表>


景気動向指数( 2月分)

日銀短観(1~3月分)

機械受注総額(2月分)

総合卸売物価指数(3月分)

資金需給実績(3月分)

外国為替相場状況(3月分)

新車登録台数(3月分)

月例経済報告

企業倒産件数(3月分)

通貨供給量(3月分)

卸売物価指数(3月分)

全国百貨店売上高(3月分)

鉱工業生産指数(3月分)

新設住宅着工戸数(3月分)

消費者物価指数(3月分)

完全失業率(3月分)

家電販売額(3月分)


投資に役立つ情報満載のサイトはこちら

世界が一目で分かるニュースサイトはこちら






※投資や、各種サービス、レポートなどを検討する前に必ず各企業、各機関
からの正式な開示情報を必ず、ご確認ください。利用者の損害について、誤字、
誤配信を含め、いかなる場合も当方では責任を負いませんのでご了承下さい。

株取引をはじめる方の為の株取引ガイド、トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。