スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







閑散した相場で取引するさいの注意点

株式市場には活況となる月とそうでない月の差が激しいいです。こう
した傾向は株式投資の世界だけでなく、商売の世界でも同様だと思
いますが、閑散期には中々利益がだせまん。



投資の世界では節分天井とはよく言ったもので、一月に勢い良く相場
全体が上昇しても、2月に入ると直ぐに天井にぶちあたり、3月の彼岸
底にむけて下降局面を迎えてしまいのです。



こうしたことから、この時期は必然的に投資家の間でも警戒感が強ま
りますので様子見感が強い相場になりがちです。



決算発表を前に想定外の悪材料が発表される場合もありますので、
注意が他の月以上に必要となります。



ここ最近では、企業の決算対策の売りが、2月半ば過ぎから本格的
に始まるようになったことが大きく影響し、株価が上がる要素が年々
少なくなっているように見受けられます。



タイプしていていて暗くなるほど、2月というのは、相場全体がさえな
い月になる可能性が高いので十分注意する必要がございます。



なので、年末から2月に入るくらいまで上昇した銘柄で、少しでも下
げ始めたら一旦利益確定するのが得策かと思います。



まだ上がると思って、そのまま持ち続けて、万が一3月の彼岸まで下
げ続けたら目も当てられない状態に陥る可能性もありえます。



上述したことから、基本的に2月はあまりいい月ではないかもしれま
せんが、投資家にとっては、今後の相場を占う重要な月です。







テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。