スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







出来高で投資タイミングを計るポイント



米国経済が一向に回復する兆しが見えない中、米国の株式市場はすでに、リーマン
ショック以前の水準に戻っているため、一部の金融機関のみ潤っています。


かなり過熱化しているので、いつドカンと行くか分からない危険な状態です。


こうした状態では、長期でのポジションは非常にとりずらいです。


もし、一つの銘柄に長期で運用するとしても、保有している間は完全放置する
ことだけは避けなければなりません。


その局面で売ったり買い戻したりしないと大きな損失を被る可能性が高いです。


スイングトレードや短期売買を中心に株式投資を行なう方が増えています。


そうした中で、重要な指標の一つに出来高があります。


特に近い将来大きく上昇する可能性がある銘柄を探す場合、出来高は有効です。


出来高をみれば、どれだけ株の取引が行われているか一目瞭然です。


銘柄の人気度を簡単に把握できます。


出来高が低いときは株価も横ばいか低迷している状態にあります。


一方、反対に出来高が増えるとともに株価は上昇するケースが圧倒的に多いです。


逆にいえば出来高がすくないと株はあがりません。


とはいっても、出来高が増えていれば、どの銘柄に投資していいのかと問われる
のえあれば、そんなことはありません。



特に株価が上昇したあとに急速に出来高が増えた場合は、株価が下落するケース
が少なくありませんので、こうした銘柄に手を出してはなりません。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。