スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







順張りで買いあがるポイントについて


いうまでもなく、株式投資では株を買うタイミングは非常に大切です。しかし、狙いすぎる
とかえって投資機会をのがしてしまうので、ほどほどが良いでしょう。



実際にを購入してから株価が上昇したところで株価がもみあっている場面では株価の
動きを落ち着いてみることができます。当然のことながらこの時は心が落ち着いています
ので、利益確定する際には落ち着いて株を売ることが出来ます。



しかし、株を買ってから急に相場の流れが変わり、買値をはさんで大きく乱高下するよう
な場面では、精神的に大きく動揺してしまうので、どうしても適切な投資判断を下すこと
が出来ないため、一番の安値で売ってしまうこともあります。



仮になんとか耐え忍んで、そのまま保有し続けても、それまでの株価の変動に疲れて
しまい、大きな利益を手にする前に売ってしまうことも良くあることです。



ですので、株式投資では株を買うタイミングが非常に重要なのです。上昇局面、下降
局面のいずれかにあったとしても長期間に渡って株式投資を継続して行うのであれば、
順張り逆張りを上手く使い分けて取引する必要があります。



今回は、順張りで株を買うポイントを解説させていただきます。まず、狙い目なのは、
底値でくすぶりつづけていた株が突然チャート上に陽線がでる場合があります。



上昇局面に移行する段階に良く見受けられます。これまで大きく低迷していただけに、
下値不安はそれほどありません。上値余地は十分あると考えられます。



しかし、株式市場全体が下降局面にある場合は数ヶ月間にわたって上昇する可能性
は低いですので、できるだけ早い段階で利確する必要があります。撤退するタイミング
ですが、極端に出来高が増えたら、できるだけ早く売って利益を確定しましょう。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。