スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







儲かっている企業を見分ける方法とは?




■1株あたりの利益を確認しましょう!


実際に、業績欄を見るにあたって、業績の推移を確認するのも重要なのですが、経営環境
が変ることによって、減収や減益に見舞われることが往々にあります。


ですので、それよりも需要な指標として1株当たり利益(EPS)の水準と配当金の推移があげ
られます。これらを使用することによって、より予測がたてやすくなります。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!






■本当に儲かっているのか調べましょう!


株主を重視している企業は、つねに儲かる事業の強化をこころがけることになります。


EPSの水準が高いのが特徴です。例えば、2期、3期も連続して赤字決算が続いている企業は、
環境の変化についていくことができないと判断することが出来ます。


もし、10年以上株価が最高益を更新していないのであれば、その企業は経営者がいないの
と同じです。誰も責任を取りなくないから何もしたがらないのでしょう。


株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる






■こんな企業に注目!


一方、配当金についてですが、一般的に業績連動型があげられるわけですが、今現在、
次世代を目指す企業の中でも安定配当を目指す企業が少なくありません。


高配当をキープするのであれば悪くないのですが、安定配当を目指すと利益を必要以上に
内部留保しようとする動きが必然的に高まってしまいますので要注意です。


ですので、必要最低限の利益を内部にとどめ、あとは株主にすべて還元している企業に投資
するのがよいかと思います。今後はこうした動きに注目が集まりそうです。


【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!









スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 配当 EPS

株式投資の賢明な学習方法について




株取引を始めたばかりににもかかわらず、ビギナーズラック的に大きな利益を長期間に渡って
得てしまった投資家は、ある意味で不幸だと思います。(特に上昇トレンド時に)


そして、株式市場全体のトレンドが変っても気づくことなく、これまで通りの投資法を実践して
しまうので、必然的に負けが込むことになります。


【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!





早い段階で、失敗していれば学習能力が必然的につくのですが、そうでない場合、中々自分
を客観的にみることができないので気づくまでには相当の資金を減らすことになります。


そこで、このままでは駄目だと、気がつくことによって、株式投資に関する勉強だけではなく、
世界経済などについても興味を持つことによって、質の悪い情報などに振り回されない地に
足がついた状態で株式投資が行なえるようになります。


しかし、残念ながら多くの方が、パチンコ必勝ガイドのような裏技的な必勝法を安易に求めて
しまいます。書籍レベルの価格であれば金額もたかが知れてますので良いのですが、最近
はやりのEブックなど高額なものに手をだしてしまいますとノウハウにコントロールされます。


サラリーマンの私でもできた勝ち続けるデイトレ信用取引





優良なものも多いのですが、そうでない物も少なからずあります。また、価格が平均して高額
なので1つ、2つ買い進んでいくうちにかなりの額を投入しますので、注意が必要です。


また、セミナーなども同様です。内容もピンからキリまでありますので、一概にどれが良いとは
いえない状態にあります。最初のうちは、書籍から入るべきだと思います。


そして、実際に気になる著者の著作を複数読み進み、これは本物だと確信してから、著者が
開発した教材や、セミナーに参加するべきだと思います。


【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!









テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資 株取引 株式市場 資金

株式投資での天井三日底百日の意味




久方ぶりに株高・円安となり、明るい兆しが見えてきたと喜びたいところですが、ファンダメンタルズ
的には最悪な状況で株が買われているので、慎重にならざるえません。


細野真宏の世界一わかりやすい株の本





基本的に天井三日底百日(てんじょうみっかそこひゃくにち)とは、相場が高騰して天井圏にいる
のは短期間ですが、安値圏で低迷し続ける期間は思いのほか長いという意味です。


ですので、株式市場での統計データに基づいて「3日」「100日」と相場を捉えた格言というわけで
はございませんが、数字の正確性は別としても実に的を得た格言であると思います。


トヨタやキャノンのような国際優良銘柄は市場におきまして常に一定の人気を保っておりますが、
中堅クラスの銘柄が、一度人気が離散すると、あっという間に株価は下げることとなります。
そして、再び上昇するまでそれ相当の時間を要することとなります。


サラリーマンの私でもできた勝ち続けるデイトレ信用取引





だからといって、常に話題性のある人気株だけを売買しても必ずしもうまくいくとは限りません。
といいますのも、株価の動きも基本的には引力と同じだからです。人気によって持ち上げられた
株価は人気量増加のペースが鈍った時点で自然と下げます。


こうしたことから、必然的に株価上昇には大きなエネルギーを要します。そして、そのエネルギー
がなくなれば自然に下がります。ですので、実際に高値圏にいる間の期間よりも、再び上昇する
までに要する時間のほうが長いと認識すべきだと思います。


そうしないと、せっかく株式投資で利益がでているにもかかわらず、欲に負けてしまい売るタイミ
ングを逃してしまい、最悪の場合は損失を膨らませてしまうことになってしまいます。


1万円からできる「ミニ株」投資運用術









テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株価 銘柄 株式投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。