スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







未公開株への投資の仕組みについて


これからIPOを目指す起業の未公開株への投資について簡単では
ございますが解説させて頂きたいと思います。



基本的に未公開株とIPOは別物です。IPOを将来的に目指している
ので、安く仕入れておけば、仮にIPOに成功した場合には莫大な利
益を手にすることができると思います。



未公開株は証券会社などを通じて販売するのではなく、あくまでも
未公開株の第三者割当増資として公募するケースが多いので一般
の個人投資家が投資するチャンスはほとんどありません。



しかし、ゼロではないわけで、身内の方がお勤めされている会社が
IPOを目指していることだってあるわけです。こうした場合には未公
開株の購入を勧められるかもしれません。



この時注意しなければならないのは、未公開株を購入してもIPOす
る前に破綻する可能性があるということです。



実際にIPOを目指す企業は日本全国に星の数ほどあれど、実際に
IPOにたどり着く企業の数は限られているのです。



また、新興企業の場合は焦りすぎてしまい、業績は上昇局面にあり
ながら経営難におちいってしまうケースも実際に多いのです。



業績が黒字だからといって、キャッシュフローが良い状態になければ
倒産してしまうこともあるのです。



ですので、もし、身内の方から未公開株の購入を勧められた場合には
上述した点を十分考慮しなければなりません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

景気動向に左右されない銘柄の特徴


株式市場全体が大きく低迷している中でも比較的検討しているのが
電力株で、他業種から乗換えが活発化します。



実際に景気が大きく後退することとなっても電気を使わないわけに
はいきません。また、仮に利用者が節電をこころがけてくれた方が
電力会社側も逆に過剰供給の心配もありません。



ちなみ、電力株は東京電力、関西電力といった具合に各地域ごとに
分かれているのが大きな特徴で参入障壁が高い業界です。そして、
電力料金は一定の利益を上げられる上に安定しています。



もっとも高利益は期待できないのですが、上述した通り、新規参入
や外資参入がありえない業界なので一定の利益を期待できます。



常時、PERおよびPBRは比較的低いですが、将来的に成長性が
見込めないので株価水準はそれほど高くありません。



また、電量株の多くは今現在配当利回りが2%台にあります。決し
て配当利回りが高いわけではないですが、安定しているだけに配当
利回りを目当てに投資する個人投資家の方も少なくありません。



今後さらに株式市場全体が低迷するようなことになれば安定性から
電力株にシフトされる動きが活発化する可能性もあるだけに、成長
性がないことがかえって好感されることになるかもしれません。



そして、脱原発が叫ばれている中で、蓄電装置付き安定太陽光発電
事業の行方についても注目されています。実際に実現に向けた動き
が加速してい感もありますので、こうした面で期待したいです。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。