スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株式投資は実践しながら学んでいく


これから実際に株取引を始められるのであれば、まず先に証券会社
で口座開設することをおすすめします。



すでに書籍やマネー誌などで株式投資を学ばれている方は意外にも
多いのですが、実際に多くの方がまだ十分な知識がないという理由か
ら株式投資を始められることを躊躇されます。



しかし、いきなり人生の全てをかけるような株取引を行なうわけでは
ないので気軽に行なうべきです。運用資金も最初から数百万円も
必要ありませんが、最低でも30~50万円程度は必要です。



今現在、金融不安により株式市場が連日のように乱高下を繰り返し
ているわけですが、こうした状況を悲観する声がおおいわけですが、
逆に言えばこういった時期は安値で仕入れる絶好のチャンスです。


多くの銘柄は昨年の今頃の株価水準よりも大きく下落しています。


半分以下になっている銘柄も多いです。株価が下落することにより、
これまで購入することをためらっていた銘柄も購入できます。



しかし、注意しなければならないのは、今現在の株式市場全体の株
価水準が底を打ったと断言することはできません。



今後さらに下落する可能性も高いわけですから大きく下落したとこ
ろを少しずつ定期預金を行なう感覚で買い集めていきます。



書籍などで解説されている銘柄分析を行なっても考えすぎて一向に
買うことが出来ないケースが少なくないので、とりあえず知っている
銘柄を選んで購入すれば良いでしょう。



実際に株の売買を行なうことで、これまでは頭の中だけでの空論が
生きることになりますので、投資に関する勉強は実践しながら行な
うことではじめて身につくものだと理解できると思います。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

取引している証券会社が破綻した場合


これほどまでに世界的に金融不安が広がると金融恐慌と呼べる状態
に完全に入っていると思います。リーマンブラザーズが破綻したのを
受けて今後も連鎖的に破綻する金融機関がでてくると思います。



国内の証券会社でもリーマンブラザーズと取引されていたところが
少なく無いと思いますので、大なり小なり影響を受けると思います。



今回は取引されている証券会社がもし破綻することになった場合の
対応について簡単ではございますが解説させて頂きます。



基本的に国内の証券会社は方で分別管理が義務づけられているので、
証券会社が破綻した場合は別の証券会社(無い場合は新規で取引口
座を作ります)に遺憾手続きを行ないます。



そして、証券会社がもつ資産は全て市場にて売却されますので、現金
化されれば、その内の何割かが破綻した証券会社の株を実際に保有
されている投資家の方に分配されます。



また、証券会社が保有されている株をはじめとした金融資産を一度に
売ろうとする金融市場が大きく混乱することになります。



ですので、市場の動きを伺いながら少しずつ売却する格好となるので
すが、業種によっては大きな被害を受けることは避けられません。



リーマンブラザーズのような国際的な金融機関が破綻した場合には、
上述したような理由から2次、3次被害が怖いです。



基本的に国内の大手証券会社の場合は信託保全・分別管理が当たり
前となっていますが、一応念のため今現在取引されている証券会社を
確認してみることをおすすめします。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ファンダメンタルズ分析について


ほんの数年前まで世界経済が長らく好調だったこともあって、日経
平均株価は2万円台に早い段階に回復するといわれていた時期も
ありましたが、いまや世界経済は後退局面に立たされています。



こうした中、よりファンダメンタルズ分析の重要性が高まっていること
から今回は、個別銘柄に対するファンダメンタルズ分析について誠
に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。



業績が良い銘柄は地合いがよければ順調に買われますが、反対
に業績が悪化した銘柄の株価は底を突き抜けて下がります。



そして、怖いのは、業績がさほどよくないにも関わらず異常に買わ
れている銘柄も危険です。(仕手筋が入っている可能性があります)



ファンダメンタルズがしっかりしている銘柄を選ぶことで、投資判断
に自信をもつことができ、その自信が儲かる取引につながります。



しかしだからといって材料に対する過信は厳禁ですが、「なぜこの
銘柄は買われているのか?」を常に意識する必要があります。



仮に、その理由が好決算を期待するのであれば決算前に売るか、
それとも決算後に売るかを決めなければなりません。



仮に、好決算を受けての見直し買いが入るのであれば、しばらくは
上値追いの日々が続くことも考えられます。



そして、株式分割や優待などの権利取りがあるならば、その権利を
取るか取らないかなど、理由を分析した上で自らの行動にあらかじ
め投資ストーリーを描く必要があります。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。