スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







下落相場で株式投資するポイント


多くの投資家が相場の波の流れに合わせようと試みるのですが、残念ながら中々難しく思うようには
いきません。実際に相場の流れに乗ることができれば優位に展開することができます。


そして、上昇相場に出てくる大きな売りの流れに合わせて売りでエントリーし、利益をあげることは
それほど難しくありません。こういう相場が常に続くことが理想なのですが・・・。


一方、反対に下落相場で出てくる大きな買い戻しの動きに合わせて買いでエントリーして利益をあげ
ることも可能ですが、簡単にできるというわけにはいきません。


こうしたことから株式市場では上昇相場でも下落相場でも実際には利益を上げるられる構造になって
はいるわけですが、残念ながら簡単なようで難しいとされています。


なぜなら相場がどんな状態であったとしても損をしてしまう人はこうした相場の流れを把握すること
ができません。相場を予想することに固執してしまうのは危険です。


適切な投資判断を下すのが難しくなるからです。そして、実際に相場の動きを逆から読んで売買する
逆張りで利益をあげようとするのは思いのほか難しいとされております。


ですので、実際には相場の流れに合せて株を売買することで利益をあげるほうが賢明とされているの
ですが、下落相場であれば単純に空売りを基本に相場にエントリーしていく戦略をとります。


だからといって、いつでも空売りすればよいということではありません。


常に売買に適したタイミングを待つことを心がけなければなりません。相場は思ったとおりに動いて
はくれませんので、どれだけ待てるかが、より重要視されるわけです。こうした相場の大きな流れを
しっかりと把握したうえで適切な売買タイミングをつかめるようなれば勝率は一気に高まります。


また、株式投資で売りを建てるということは、信用取引を行なわなければならないので、信用取引に
対してリスクが高いことから恐怖感がある方は絶対にやめた方がよいです。


投資する機会は上昇相場の半分以下になりますが、だからといって、株式市場全体が大きく低迷する
ことになったとしても、利益を出すことは不可能ではありません。


実際に投資機会は確実に少ないながらも、そのタイミングをしっかりと把握することで利益をあげる
ことができますが、注意点も多いです。特に大口の動きは警戒する必要があります。


しかりと相場の状況を把握した上で株を取引することになりますので、むやみやたらに意味も無く株
を売買することがなくなるので、かえって勝率は高まることになるかもしれません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 下落相場 株式投資 空売り ポイント

さらに詳しくしらべる


 検索例  
株 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

株式投資 銘柄 株価 株式市場 トレンド 空売り 相場 配当  信用取引 株取引 資金 ミクシィ ネット証券 HP 恐喝 ポイント 株初心者 下落相場 容疑者逮捕 仕手筋 ファンダメンタルズ 会社四季報 投資 出来高 株主 東電 個別銘柄 日経225先物 銘柄分析 EPS 一目均衡表 ランキング 福島第一原発 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。